ブラックリベンジ最終回動画無料視聴はこちら【12/7放送10話見逃し】

  • この記事を書いた人:マスダ

ドラマ『ブラックリベンジ』最終回(10話)(2017年12月7日(木)23時59分〜放送)の見逃し動画を無料で視聴する方法や、あらすじ&感想をご紹介していきます!

放送前は『ブラックリベンジ』最終回(10話)の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまった場合のお得な無料視聴方法もご紹介しているよ!

ドラマ『ブラックリベンジ』の視聴にお役立てください!

なお、こちらの記事はDRAMAP読者さんからいただいた展開予想や感想をまとめた、ユーザーボイス記事となります。

ラマちゃん
様々な意見や解釈をお楽しみいただけたら、うれしいっ☆

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックリベンジ』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『ブラックリベンジ』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『ブラックリベンジ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2017年11月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックリベンジ』最終回(10話)あらすじ

2017年12月7日(木)放送のドラマ『ブラックリベンジ』最終回(10話)のあらすじをご紹介します。

「週刊星流」のねつ造記事により、将来有望な政治家だった夫の寺田圭吾(高橋光臣)を失った今宮沙織(木村多江)。

5年後、ねつ造した3人のスキャンダルを暴いて復讐した沙織は黒幕の星流編集長、福島勲(佐藤二朗)も罠にはめて地獄の底に叩き落す。

この後、沙織は5年前にねつ造の情報を提供したのが糸賀朱里(鈴木砂羽)だった事を知る。

沙織は朱里に話を聞くためにクリニックを訪れ、絶命した妹の綾子(中村映里子)を発見。

沙織は朱里が圭吾を陥れた理由には25年前に校舎の屋上から転落死した北里玲奈が関係していると考え、廃校になった母校の恵蘭女子中学校を訪れる。

沙織は校内を歩き、当時の事を徐々に思い出していく。

そして、沙織が25年前に玲奈を見かけた教室にやってくると、そこで待っていたのは朱里だった。

この後、沙織は25年前の玲奈の転落死の真相を知る事になる・・・。そして、衝撃の結末へ!

公式サイトより引用)

スポンサーリンク

2017年秋ドラマ『ブラックリベンジ』最終回(10話) 放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ブラックリベンジ』最終回(10話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

名無しさん
ついに、朱里の最期の復讐。

沙織は、中学の頃になにがあったのか?そしてなぜその時の記憶をなくしていたのか?次回にはそれが明らかになってきそうですね。

予想ですが、中学の時に朱里はある女の子に好意を寄せていた。

そして、そのことを沙織はしり、周りに広がり、朱里が好意を寄せていた女の子は、その噂に耐えられず自殺。

沙織は、記憶を消してしまっていたがついにおもいだすことになり、追い詰められる。

しかし沙織さんのことを想い続けた旦那の後輩は、なんとか警察から逃げてかもしくは天馬に連絡して沙織を助けることになるような気がします。

ペンネーム:名無しさん(40代・女性)

TOM
ブラックリベンジもいよいよ最終回です。

沙織は朱里のクリニックに行きましたがそこには誰もおらず、椅子に座る綾子の死体がありました。

クリニックで沙織は、25年前に転落死した沙織の同級生・北里玲奈のことを思い出し、彼女が朱里と関係しているのではと考えます。

そして沙織は今では廃校となった恵蘭女子中学校を訪れます。

中学校をしばらく歩くと、沙織は当時の事故の事を徐々に思い出していきます。

そして玲奈が当時いた教室を見つけて中に入るとなんと朱里がそこで待っているようですね。

朱里が沙織にここまでの復讐をするのはなぜなのか、いよいよ語りだす時が来るようです。

玲奈の転落死が朱里の恨みの理由であることは何となくわかりますが、本当に沙織はその原因を作ってしまったのでしょうか。

真実はどこにあるのか、次回を期待して待ちたいと思います。

ペンネーム:TOM(40代・男性)

ふじお

最終回なので、全てが明らかになります。

全部、鈴木砂羽さんの仕掛けた罠でした。木村多江さんは、同級生とも知らずに心を許していました。

学生時代の恨みが、今になって復讐が起きました。

木村多江さんは、ただ利用されていたに過ぎません。

木村多江さんは、自分が被害者だと思い、色々な人に復讐してきましたが、実は鈴木砂羽さんは、そうなるように仕向けていたと思います。

木村多江さんに、好意をもつバーテン男性も殺されると思います。

実の妹も殺されてしまい、自暴自棄になると思います。

鈴木砂羽さんの最後は死んでしまいそうな気がします。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

ミチコ

やっとカウンセラー朱里(鈴木砂羽)の目的がはっきりします。

今宮沙織(木村多江)に復讐させて復讐するといったややこしい展開でしたが、おもしろかったです。

そもそも25年前に朱里にしたことを今宮が忘れていたというところから朱里の復讐が始まったのではないかと予想します。

25年前の不幸を忘れて幸せに暮らす今宮に腹が立ったカウンセラー朱里が復讐したのではないかと考えます。

お楽しみポイントはカウンセラー朱里の最後の復讐の方法です。

また今宮は悠斗を助けることが出来るのかといった点が見どころとなると思います。

出来れば悠斗を助けて幸せに暮らして欲しいと願います。

ペンネーム:ミチコ(40代・女性)

ぷりん
シュリが沙織に復讐するきっかけとなった25年前の中学時代の事件がやっと明らかになるようで楽しみです。

沙織の立場でみていたので、沙織が過去に犯した罪というのは見たくない様な気もします。

しかし、シュリの完璧で手の込んだ復讐、これをしなくてはいけないほどの事件、シュリの沙織への恨みの大きさは計り知れないものだと思います。

また、沙織の妹のアヤコも殺されていたので、沙織の命も危ないと思います。

沙織にはどうにか幸せになってほしいと願っていましたが、叶わず終わってしまう気がして心配です。

シュリの裏の姿、本当の姿を見られるのが楽しみです。

ペンネーム:ぷりん(20代・女性)

kumo
圭吾を陥れたネタ元が朱里ということ。

どうやって、朱里は圭吾を自殺へと追いやったのか。

真相を知るのは怖いですが、あの自殺シーンは本当に怖いです。

それに沙織へのリベンジをかけている朱里。

よほど、25年前の同級生の自殺がひっかかっているようですが、ひょっとして真実はもっと単純なもので、
朱里が思っている以上に単純なものかもしれません。

同性愛が引き起こした?事件らしいですが、沙織は直接的には事件に手を下していないはず。

もしかしたら思い違い、ひどい思いこみで、朱里が自殺へと追い込んでいる事件ではないでしょうか。

そんな引き金があって、最終的に朱里自身も絶命しそうな予感がします。

ペンネーム:kumo(30代・女性)

2017年秋ドラマ『ブラックリベンジ』最終回(10話)放送後の感想や評価まとめ

TOM

『ブラックリベンジ』最終回(10話)のあらすじとネタバレ

沙織はクリニックで見つけた朱里の「私の事思い出した?」というメッセージを見て、パソコンを調べます。

そして自分が通っていた恵蘭女子中学校で起きた北里玲奈の自殺を思い出します。

沙織が恵蘭女子中学校へ行くとそこには朱里が待っていました。

朱里は沙織への復讐の理由を語っていきます。

沙織が朱里と玲奈の仲を友達に話した事で、朱里と玲奈が周囲に好奇の目にさらされてしまいました。

玲奈の噂がどんどん違う方向に向き、授業中に玲奈について笑いものにする伝言メモを玲奈が見てしまいました。

そのメモのことを玲奈から相談された朱里でしたが、玲奈はその後屋上から飛び降り自殺をしてしまいました。

そのことが朱里の復讐を決意する始まりでした。

朱里は沙織が愛する人を見つけるまでずっと機会を待っていて、その相手を自殺に追い込み自分と同じ苦しみを沙織に味あわせたかったのです。

圭吾を自殺に追い込んで、さらに沙織にそれを復讐させ、復讐の苦しみを味あわせたかったと伝えました。

沙織は絶望を味わい、朱里と一緒に屋上に行きます。

「一緒に死にましょう。もう何も未練はないでしょう?」と言います。

でも朱里は「あなたは死ねない、死なせない」と言います。

朱里は綾子を殺すことで悠斗を沙織が育てなければならないように仕組んだのです。

圭吾と綾子が不倫してできた、裏切りの結晶として悠斗を育てるという最後の罰を朱里は沙織に与えました。

そして朱里は「地獄で待ってる」と言い、自ら屋上から飛び降りました。

沙織は悠斗と一緒に生きていくしかありませんでした。

復讐によって朱里に生かされてしまった人生を、沙織は進んでいくしかありませんでした。

『ブラックリベンジ』最終回(10話)の感想

朱里の復讐の真相がついに明かされましたね。

これまで復讐は自分の意思で行っていたと思っていた沙織が実は全て朱里の手のひらで踊らされていたとは驚きでした。

朱里と玲奈の女性同士の恋愛感情を沙織が何気なく周囲に話してしまったことから、どんどん噂が悪い方向に進んでいってしまったんですね。

そして授業中に回していた連絡メモが玲奈の目に触れてしまったことで、玲奈の心が完全に崩壊してしまったのだと思います。

メモの中身は全ては見せていませんでしたが、想像しただけで苦しくなりますね。

朱里は圭吾を死なせただけではなく、綾子を殺した理由も凄まじいものでしたね。

綾子と圭吾との間に出来た悠斗を、十字架のように背負って生きていけという言葉を残して、朱里は玲奈の後を追って死んでしまいました。

残された沙織はもうその復讐を甘んじて受けるしか選択肢が無いという所が恐ろしいですね。

でも沙織には悠斗に向き合って生きていってほしいです。

悠斗には何の罪も無いですし、沙織が生き続けることが悠斗への償いになっていくのだと思います。

緻密に描かれた復讐劇、完成度の高いドラマだと思いました。

ペンネーム:TOM(40代・男性)

ミチコ

『ブラックリベンジ』最終回(10話)のあらすじとネタバレ

25年前の事件を調べる今宮沙織(木村多江)。閉鎖している学校の校舎に入って行きます。

昔の記憶が少しずつ蘇っていきます。

教室にカウンセラー朱里(鈴木砂羽)が座っています。

あなたにレイナを殺された、私たちを笑いものにしたあなたを許さないと朱里は沙織に言いました。

あなたに大切な人ができるのをずっと待っていた、あなたか結婚してやっと復讐する時がきたと朱里は言いました。

あなたに復讐させることが私の復讐だったと言う朱里。

圭吾(高橋光臣)や妹の綾子(中村映里子)を殺さずに私を殺せばよかったじゃないかと言う沙織に死なんて一瞬の苦しみ、私と同じ地獄を味合わせたかったと朱里は言いました。

私が終わらせてあげる、そう言って沙織と朱里は屋上に上がって行きました。

しかし朱里にあなたは死ねない、あなたが死んだら悠斗はどうなる?と言われます。

朱里は1人で校舎の屋上から落ちようとします。

止めようと腕を掴む沙織でしたが、朱里は沙織の手から離れ落ちていきました。

屋上で座り込み沙織は泣きました。

おばちゃんと言う悠斗の声に振り向きます。

振り向いた沙織の顔に遠くからカメラを向け写真を撮る男がいます。

福島(佐藤二朗)が松葉杖をついて沙織を狙っています。

しかし写真の画像を削除し消えて行きました。

『ブラックリベンジ』最終回(10話)の感想

福島(佐藤二朗)が生きていました。驚きました。

また懲りずに沙織(木村多江)の写真を撮っていると思ったらせっかく撮った沙織の写真を削除しました。

沙織の笑顔が綺麗だったからか優しい笑顔だったからか分かりませんが、少しは反省したのかなぁと思いました。

カウンセラー朱里(鈴木砂羽)についてはなんて執念深いこわい女だと思いました。

25年も前のことを沙織が忘れていても仕方がないと思いました。

それなのにわざわざ結婚するのを待って復讐を始めるとはおそろしい女です。

悠斗くんが1番かわいそうだなぁと思いました。

将来両親のことを知ってしまったら彼はどうするのかとても気になりました。

ペンネーム:ミチコ(40代・女性)

まる

『ブラックリベンジ』最終回(10話)のあらすじとネタバレ

週刊星流の編集長である佐藤二朗さんへのリベンジも終わり、これからどうしよう…と思っていた木村多江さんは、妹が何者かに殺害されている姿を発見します。

その手に持っているメッセージを読み、カウンセラーの鈴木砂羽さんと25年前の中学生時代のことを思い出します。

そのまま、鈴木砂羽さんを訪ねて行くと、鈴木砂羽さんは、これまでに起きたことについて、すべてを話し、なぜ、自分が木村多江さんに対して復讐をしてきたかを説明します。

その事実を聞いて、驚きとショックを隠せない木村多江さんの姿を見て、鈴木砂羽さんは自分のリベンジは終わったとばかりに、中学校の屋上から飛び降りようとします。

『ブラックリベンジ』最終回(10話)の感想

木村多江さんは、夫がねつ造記事により自殺を遂げて、そのショックで身ごもっていた子どもを流産してしまったので、それからリベンジをすることだけが、生きる原動力になっていたことはわかっていましたが、鈴木砂羽さんは、中学生の頃から25年間もリベンジをするためだけに生きてきたと知り、人生の大半をそんな気持ちで生きてきて辛かっただろうと思いました。

途中で、やめることはできなかったのだろうか?と悲しい気持ちになります。

飛び降りようとした時に、木村多江さんが引きとめてくれたので、そこで思いとどまってくれればよかったのですが、とても残念な思いになりました。

ペンネーム:まる(30代・女性)

kazu464

『ブラックリベンジ』最終回(10話)のあらすじとネタバレ

沙織のカウセリング・朱里は高校時代の事を言う。

朱里は、25年前同級生・玲奈と同性愛をしていた、その現場を沙織が見ていて言い触らし、噂は学校中に広まった。

噂の為、玲奈は学校に来なくなり自殺したと言う。

朱里は沙織が圭吾と結婚した事を知り玲奈の復讐をしようと、圭吾の偽スキャンダルを福島に書かせ、綾子との不倫の相談に来た圭吾を自殺させた。

圭吾の自殺映像は朱里が福島に渡し、福島から沙織にわたった物であった。

沙織の今迄の復讐は朱里の手の中に有り面白くてしょうがなかったと言う。

朱里は最後の復讐は悠斗が大きく成って両親を殺したのは沙織である事を知って沙織に恨みを持つことだと言って自殺する。

『ブラックリベンジ』最終回(10話)の感想

沙織の圭吾の復讐は何で有ったんだろうか、何人にも及ぶ人を陥れたのは何だったのであろうか?

沙織の復讐は25年前の高校同級生でカウンセラー・朱里の掌中に有った。

朱里は本当に復讐を遂げたのであろうか圭吾の自殺で終って居たのではないか、ただ空しさだけが残り惰性で其の後の事件を行わせたがそれでもまだ飽き足らず悠斗を誘拐し殺すとメモを残している。

沙織は悠斗と一緒に暮らし悠斗の両親を殺した悔いで眠れない程で悩みながら暮らすことになるのであろうか?

悠斗の気持ちを考えると育ての親として感謝し大切な人として思いやってくれると思う。

悠斗が大人に成って沙織の面倒を見るに違いないと思う。

ペンネーム:kazu464(60代・男性)

くも

『ブラックリベンジ』最終回(10話)のあらすじとネタバレ

沙織へのリベンジを果たした朱里は満足げに沙織を見下すように見る。

しかし、沙織には何が起こったのか記憶にない模様。

朱里に誘導され、玲奈の自殺を思い出したものの、その原因が沙織自身にあるとは自覚がない反応。

同性愛だった玲奈と朱里の様子を軽口叩いた結果、玲奈は自殺せざるをえなかった、と訴える朱里。

え?そうなの?と驚きを隠せず言葉がでない沙織。

復讐に燃えた沙織は長年に渡り計画し、沙織の周囲から徐々に包囲網を攻めて、ようやく沙織にターゲットが絞れたことを満足げに語る。

ただただ成り行きを聞かされる沙織は途方に暮れる。

そして役目を果たした朱里は呆気なく命を自ら落とす。

残されたのは、今までリベンジ数々への罪と甥っ子の存在。

こうして沙織のブラックリベンジには幕が下りる。

『ブラックリベンジ』最終回(10話)の感想

今でこそすこしずつ理解されつつある、LBGTの存在。

それでも、25年ほどまの前の出来事なら、深い理解所か偏見や差別で見られた時代だけに、玲奈の無念、朱里の絶望理解できなくはありません。

一方で軽口を口外した沙織を責めることもできません。

仕方がない、といえばそれまでなのですが、単なるスキャンダルを取り上げる報道云々よりも、人権問題が隠れていたことは深いと思います。

また最後に朱里が自死したのは仕方ない展開ですが、ブラックリベンジなら、もう少し怖い展開があってもよかったのではと。

主人公がいなくなる設定はありえませんが、自殺したはずの旦那がひょこり現れて、甥っ子を引き取ってみたり、ビルから転落したキャップが週刊誌などマスコミにゴーストライターとして、ほそぼそと活動していたり。

ありえない、というゴーストになった方々の亡霊出てきたらビックリだったと思います。

ペンネーム:くも(30代・女性)

はるか

『ブラックリベンジ』最終回(10話)のあらすじとネタバレ

綾子を糸賀に殺されて悠斗を人質にとられた沙織は、糸賀のクリニックでの「自分を思い出せ」というメッセージを読み過去の記憶を辿る。

すると沙織は、25年前に糸賀が、中学の女の同級生玲奈とキスをする姿を偶然みてしまい友達にその事を話してしまったために噂になり玲奈が、噂に耐えかねて自殺したことを思い出す。

糸賀は、沙織にも大切な人を奪われ復讐しむなしさを感じることを味わいさせたかったといい綾子を殺害したのも圭吾と綾子の不倫の結晶である悠斗を育てさせることで沙織にリベンジするためだった。

すべてのリベンジを終えた糸賀は、玲奈の自殺した場所で自殺する。

そして、悠斗を育てなくてはならない今宮沙織へは、悲しそうな顔で悠斗の手を握った。

『ブラックリベンジ』最終回(10話)の感想

ついに糸賀が、沙織にリベンジしていた理由が、分かり学生ならあの場面を見たら誰かに話してしまう気持ちも分かるなーと思いました。

噂話は、人を思っていた以上に傷つける事が、あり沙織も軽い気持ちで言っただけだと思うのですが、リベンジしてやるという糸賀の執念は、怖かったです。

この物語は、沙織のリベンジと糸賀のリベンジと両方のリベンジが、同時に成し遂げられていたという誰も思いつかないどんでん返しですね。

最終回は、今までのコメデイ要素もなくひたすら糸賀の怖さが、際立っていました。

しかし、圭吾も綾子も糸賀に意図的に殺されたことを思うと糸賀へのリベンジ編もあってもいいのかもと思いました。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

まとめ

2017年秋ドラマ『ブラックリベンジ』最終回(10話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。

ドラまる
『ブラックリベンジ』を無料で見るのにおすすめのVODはHuluなんだね!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『ブラックリベンジ』に限らず日本テレビ系列のドラマを見るならHulu一択よ!

ブラックリベンジあらすじとネタバレをドラマ最終話まで全話更新!

ドラマ【ブラックリベンジ】視聴率一覧を最終回まで速報更新

『ブラックリベンジ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA