ブラックリベンジ最終回(10話)ネタバレと感想。動画無料視聴方法も

  • この記事を書いた人:Keiji

ドラマ『ブラックリベンジ』もいよいよ最終回となりました。

真の黒幕との直接対決となり、物語も最終段階に突入します。

二人の過去になにがあったのか、どんな関わりがあったのかが明らかになります。

沙織(木村多江)自身は、復讐にとらわれているからかあまり心当たりがないようですね。

しかし朱里(鈴木砂羽)は、一日たりとも忘れたことはないのでしょう。

復讐される側である沙織は、何を思うのか、気になるところです。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックリベンジ』最終話のネタバレと感想

25年前に屋上から連絡死した北里玲奈とはいったい何者なのでしょうか。

それを確かめるために校舎に向かう沙織。

立ち入り禁止となっている校舎に入り、過去を思い出します。

回想シーンでわかったことは、沙織が過去北里玲奈の秘密をしってしまったということです。

そして玲奈の隣にいた生徒が朱里であり、玲奈は朱里にとって大切な人だったようです。

この二人は、同性愛者同士のようで、それを周りに話してしまいました。

これがきっかけとなり北里玲奈は精神的に追い詰められていき、クラスでも阻害されるようになったのです。

それが屋上から飛び降りるきっかけとなり、朱里の恨みを買うことになる。

ここまで恨みをもたれるということは、朱里にとって玲奈が相当大切な人だったということです。

沙織に悪気はなかったのですが、その無知さが余計恨みを強くするきっかけとなってしまった。

それから朱里は、復讐の経緯を詳細に語ります。

沙織の周りの大切な人間全てを裏からコントロールし、全てを奪い取りました。

寺田(高橋光臣)が死ぬことを決意したときも、死を促すようにさとしたのです。

沙織を絶望の淵に叩き落としただけでは満足できず、そこから復讐に取り憑かれてしまいました。

本当にカウンセリングが必要なのは朱里なのかもしれませんね。

そして沙織に復讐させることで同じ苦しみを味あわせよう。

朱里の目的は達成したわけですが、沙織はそんな朱里に対して”どんな気分だった?”と問いかけます。

二人は同じ気持ちだったと理解したところで、沙織は朱里を終わらせることを決断します。

というか一緒に死ぬつもりなのでは・・・。

しかし、沙織にはまだ甥が残されています。

今死んでしまうと、一人残されていまうのです。

朱里は、寺田と綾子(中村映里子)の間に生まれた子供を引き取り、永遠に苦しめと言い残し、校舎から飛び降りてしまうのでした。

それから沙織は、甥と一緒に生きてゆく・・・。

自分の犯した復讐の罪を背負いながら。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックリベンジ』最終話に対するネットの反応は?

結末は当然の結末と言えばそうですが、どこかすっきりしない気もします。

ネットでは、この最終回に対してどのような反響があるのか、見ていきましょう。

確かにそういう捉え方もできますね。

異常な愛情を抱いていたという表現がもっと強く描かれていれば、納得できたかもしれません。

どんな小さなことでも大きなトラブルに発展するおそれがある。

まさに口は災いのもとと言えます。

妹の死があっさりしていたような気もします。

せめて殺される描写があってもよかったのでは・・・。

やはり救われない人が多いですね。

スポンサーリンク

ドラマ『ブラックリベンジ』見逃し動画を無料で見る方法は?

ドラマ『ブラックリベンジ』は放送終了直後からHuluで見逃し動画配信がスタートします。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 奥様は、取り扱い注意
  • 先に生まれただけの僕
  • 今からあなたを脅迫します
  • 過保護のカホコ
  • 脳にスマホが埋められた!
  • ウチの夫は仕事ができない
  • 愛してたって、秘密はある。
  • わにとかげぎす

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『ブラックリベンジ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2017年12月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

まとめ

本当に最後まで救われない物語でした。

復讐の結末は、絶対にハッピーエンドにはならないのだと感じさせます。

他の登場人物たちはそれなりに幸せになっているようです。福島(佐藤二朗)も生きていたようですし。

ただ、沙織にもなにかしら救いがほしかったところですね。

唯一、沙織にはまだ守るべき存在があることだけが救いでしょうか。

多くの人間を地獄に突き落とした人間の末路は、なんとも悲しいものとなりました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA